Blog&column
ブログ・コラム

基礎工事の流れとは?

query_builder 2024/05/08
コラム
30
建物を建てる際、土台となるのが基礎工事です。
正確な基礎工事を行うことで、建物の倒壊や傾きを防ぎます。
今回の記事では、基礎工事の流れについて詳しく解説します。
▼基礎工事の流れ
①地縄張り・遣り方工事
まずは、ビニールや縄を使って建物の位置を正確に把握する地縄張りをします。
その後、建物の情報を図面に基づいて敷地に写す、遣り方を行います。
②掘削工事
基礎をつくるために、地盤を掘り起こす掘削工事を行います。
基礎工事の種類に応じて、掘削する範囲が変わるでしょう。
③砕石敷き
掘削後は砕石と呼ばれる石を敷き、転圧機を使用して地盤を固めます。
これは建物の沈みを防ぐ重要な作業です。
④捨てコンクリートを流す
基礎の周りにコンクリートを流し固めます。
基礎コンクリートの形成に必要な型枠になり、また防湿シートを固定する役割があります。
⑤配筋
基礎に必要な鉄筋を図面に従って組み立てます。
正確さが基礎の寿命と強度に大きな影響を与えるため、非常に重要な工程です。
⑥型枠工事・コンクリート打設
設計図に従って型枠を組み立て、アンカーボルトの設置作業を行います。
その後、型枠の中にコンクリートを流し込むコンクリート打設を行い、養生期間が終わるまで一定の期間を空けます。
⑦型枠を外して仕上げ
養生期間終了後、型枠を取り外し、コンクリートの状態を検査します。
その後、綺麗な基礎に仕上げるために化粧モルタルを行い、綺麗に仕上がれば基礎工事の完了です。
▼まとめ
基礎工事は、地縄張り・遣り方・掘削・捨てコンクリートを流す・配筋などの流れで行われます。
福岡県糸島市の『有限会社成蹊技建』では、住宅の基礎工事一式を承っております。
質の高い施工を提供いたしますので、気軽にご相談ください。

NEW

  • コラムを発信していきます!

    query_builder 2023/12/01
  • 玉掛け作業の流れは?

    query_builder 2024/06/15
  • 主な玉掛けの道具について

    query_builder 2024/06/01
  • 玉掛けの種類とは?

    query_builder 2024/05/22
  • 基礎施工士の役割とは?

    query_builder 2024/05/15

CATEGORY

ARCHIVE